AWS Certified Solutions Architect - Professionalに合格した話

こんばんは。エルデンリングの代わりにデモンズソウルをプレイしましたが1時間で投げ出したmorifujiです。最近AWSのCertified Solutions Architect - Professional に合格したので受験される方向けに僕の経験を残しておきます

AWS Certified Solutions Architect - Professional とは

AWSが提供している、AWSを利用するうえでの設計・評価のスキルを認定される試験です。AWSが提供している試験はいくつかありますがその中でもSolutions Architect - Professional(以下、SAP)は比較的難関な試験です。

AWS Certified Solutions Architect - Professional は、AWS でのクラウドアーキテクチャの設計とデプロイにおいて 2 年以上の実践的な経験を持つ個人を対象とするものです。この試験を受ける前に、以下のことをお勧めします。

  • AWS CLI、AWS API、AWS CloudFormation テンプレート、AWS 請求コンソール、AWS マネジメントコンソール、スクリプティング言語、および Windows と Linux 環境についての知識
  • エンタープライズの複数のアプリケーションやプロジェクトのアーキテクチャ設計に対し、ベストプラクティスガイダンスを提供する能力、およびビジネスの目標をアプリケーション/アーキテクチャ要件に関連付ける能力
  • クラウドアプリケーション要件を評価し、AWS でアプリケーションの実装、デプロイ、プロビジョニングを行うためのアーキテクチャを提案する能力
  • 主要な AWS テクノロジー (VPN、AWS Direct Connect など) や継続的なインテグレーション、デプロイプロセスを使用して、ハイブリッドアーキテクチャを設計する能力

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-professional/

受験してどうだったか

先週受験して、合格しました!🚀 スコアは790/1000でぼちぼちですが、SAPを短い期間で一発合格できたのでとても満足しています!

以下、体験をダラダラ書いておきます。

受験方法としてはオンライン受験は可能でしたが、部屋をきれいにしたり書籍に布を被せたり3時間まるまる誰も入らないように調整するのが面倒だったのでオフラインで受験しました。あと、オンライン受験だとメモできないらしいので避けました。

私が受験した場所は梅田にあるテストセンターです。10席ほどある部屋に通されて1人1台デスクトップPCが用意されていました。 席に通されると試験の説明画面が表示されていて、説明画面→試験開始→アンケート→合否発表という順番で操作します。全てPCで完結して便利ですね。

試験を始めるといくつか予想外の事態がありました。。多分みんなどれも困ってるんじゃないんでしょうか。

まず、問題や選択肢の文字サイズが大きすぎる。。これは僕が試験勉強中はスマホに文字を表示していたせいもあります。椅子を引いてモニタを見ないと、いつものペースで文字が読みにくかったですが、周りに怪しまれるのも嫌だったので耐えました。。PCで自由に文字サイズが変更できると良いんですね…

あと、翻訳が想像以上にわかりにくい。。ネットではそういう話をよく見てたし、受けていた練習問題も翻訳がわかりにくかったので自分自身に翻訳の荒さへの耐性がついていると思ってましたが、本番の翻訳のわかりにくさはそれを超えてきました。さーっと読んで頭に入ってこないというか主語述語の順序がネイティブな日本人の使うそれとは別でした。2,3回読むと頭に入ってきましたが大幅な時間ロスだったと思います。

あと、これが一番衝撃を受けたんですが、おそらく日本語翻訳時に、回答の選択肢の意味が逆になっている問題がありました。。詳しくは書けませんが、英語だとyes, 日本語だとnoというイメージです。しかもこの選択肢は正解の選択肢でした😭 。日本語だとどうしても正解の選択肢がなくてウンウン悩んで英語に切り替えたら気づきました笑。こういう問題でペースを崩されて不合格になった人がいたら後悔するだろうなぁと思います

予想してなかった事態が続いていたのに加えて、自信がある解答がほとんどなく(2択で悩んだ問題が多かった)、20問ぐらい解いた時点で自信はなくなり(もう一回出直すかぁ…)と落胆してました。

問題は75問あり、半分の38問を解き終わった時点で90分を消化してしまっていたので焦ってましたが、30分残して全問解答、残りの時間で「あとでみる」フラグをつけた問題を半分ぐらい見直しして終了しました。前半でで時間を極端に消化したので前半の問題は難易度高かったんでしょうか。ちなみに3時間の間集中力はずっと持ちました

結果は合格、ネットで見た通り意外と受かるもんなんですね。あれだけ選択肢を迷っても受かったので諦めずに消去法で回答を地道に見つけるのが大事なのかと思います。

スコアレポートは5営業日以内とのことでしたが、2営業日で届きました

何か変化あったか

仕事ではAWSのニッチなサービスを使うことはあまりなくS3やECSなどのメジャーどころしか触らないのですが、それでも試験を受けたことによる変化は多くありました。

  • ECSの環境変数は.envファイルはAWS Secrets Managerに置いておくとローテートできてかつ安全
  • AssumeRoleによるクロスアカウントアクセス
  • S3のリソースポリシーによるクロスアカウントアクセス
  • コスト配分タグによる各コストの可視化

などなど、既存のアーキテクチャの改善点が多く出てきます。これらはこれから地道に社内で布教していきたいと思ってます💪

あとは、課題に対して見えてくるソリューションの解像度が上がりました。例えば動画配信をしたいのであれば静的に配信するだけであればCF+S3、簡単にやりたいならIVS、大規模で高品質に配信したいのであればElemental Live、データ解析ならKinesis Video Streams などと色々頭に思い浮かんできます。お客さんと話ししてて持ち帰って調べる内容をその場で素早くレスポンスできる能力はとても価値があると感じています

私生活では全く変わってないです笑、勉強してた反動で試験終わってからゲームばっかりやってました笑

どう勉強したか

勉強期間は2ヶ月弱。その間は平日は1hほど勉強したりしなかったり、土日は合わせて5h程度勉強しました。合計50hほどだと思います。

試験全般の資料としてAWS認定ソリューションアーキテクト-プロフェッショナル ~試験特性から導き出した演習問題と詳細解説を購入しました。ですがこれだけでは全く合格への知識が足りませんので後述の資料も使いました。この資料では主に問題演習を3周ほどしました。巻末に模擬試験もついていて、問題のクオリティが高いと思われるので試験前日に力試しとして解くのをオススメします😊

知識を補うためにudemyでSAPの問題集が含まれる講座も購入しました。300問までを1週した後200問まで再度解きました。翻訳が雑になっていたり誤字脱字があったり解説がAWSの公式ドキュメントからのコピペで急に文脈が合わなかったりしますが、値段に対しての問題量・解説量は素晴らしいものだと思います。ただし品質の観点から、この講座が提供している1セット75問を模擬試験として解くのはオススメできません。上記で挙げた書籍の模擬試験が最も良いと思います。

上記2つの問題を解いて知らないサービスや機能・仕様が問題で出てきたらBlackBeltを読み、得た知識をA5のノートにまとめておき、たまに見直して知識の定着を図りました。最終的にはこのA5ノートは1冊まるまる書き込みました

最初は知らないサービスや機能・仕様が大量に出てきてくるので全く問題演習が進まないですが、根気強く続けると消化ペースが早くなっていきます。それでも試験前日になっても演習問題をすると知らないことは出てきてましたが…😢

上記のudemyの講座は注意点が1つあります。この講座は75問全て解答し終わってから正解と解説が表示される仕様です。75問連続で解くまとまった時間もないし最初の方の問題は忘れてしまうので、私はブラウザには問題を開いたタブとは別に正解・解説が表示されるタブを用意し、1問解いた後には正解・解説をみて理解してから次に行くような運用をしてました。また最終的にはその運用もタブ移動が面倒で自前でちょっとしたツールを作って効率化しました!(もしツール欲しい人いればおっしゃってください)。この運用で結果的に効率よく知識を定着できた点が合格できた大きな要因かと振り返った今感じます

所感

  • AWSのSAPには誤訳があるので注意しましょう(N=1なのであんまり参考にしなくでください)
  • 翻訳のわかりにくさは模擬試験などで想定しているより大きいはずです
  • 勉強したおかげで既存のアーキテクチャの改善点が思い浮かびやすくなったり顧客の課題に対するソリューションの解像度が上がります
  • このudemyを利用する場合は上記の通りうまく運用しましょう!
    • ちなみにudemyは、商品の画面を何度か行き来すると50%OFFとかになるみたいです笑、クーポンないかググった後戻ってきたら50%OFFになってました
tech  aws  資格 

See also